これまでの全館空調との違いとは?

これまでの全館空調との違いとは?

次世代型の空調システムとお聞きしましたが、どのあたりが次世代なのでしょうか?
また、これまでの全館空調との違いを教えてほしいです。

高い住宅性能と次世代型の空調システムにより快適な空気を実現しています。

従来の全館空調や局所エアコンなどのように冷気や暖気を送風する空調システムは、暖房であれば室温20℃にする時、吹き出し空気の温度は45℃~60℃位になります。
そのため、どんな気密・断熱性能が高い家でも室内に高温空気を吹き出すため、暖かい空気が天井付近に溜まり、上下の温度差が出来てしまいます。
また、冷房時も同様、冷気が足下に溜まり、床が冷たくなってしまいます。そして、床暖房などは、床面温度だけが高くなり長時間使用していると決して快適とは言えなくなってきます。
一方、マッハシステムは、通常運転時には室温と2度~3度差程度の空気を部屋に送ります。
そのことで室内の上下温度差や各室の温度差が非常に少なくなり、快適な空間が実現します。
また温度差が小さい分、風量が多くなりますが温度差が少ない故にほとんど風速感を感じることはありません。
冷たい空気や熱い空気は、少しの風速で不快になりますが、室温とほとんど同じ温度の空気は気流感をあまり感じないからです。
さらに、多めの吹き出し空気によって部屋の空気がゆっくり撹拌される為、床・壁・天井の温度もほぼ同じ温度になり不要な輻射熱が無くなり従来の空調では不可能な快適空間を作ることができす。