住む人と家の健康寿命をのばす

マッハシステムのある住宅は、室内の床から天井のみならず、床下から屋根裏まで、お家のすべての空間を温度差なく快適に保てる性能があります。

家全体を空調することで得られるメリットは?
テスト写真
空調はそこに住む人の体調に影響を及ぼすことはもちろん、建物にも影響を与えます。

建物は家全体を支える構造躯体や付属設備などがあり、設備の中には配管や電線など建築設備もあります。

これらは家そのものを支える骨組みであったり、ライフラインであったり、私たちの生活をささえる重要な構成システムです。

マッハシステムを採用できる住宅は、高い気密性と優れた断熱性能が必要です。しっかりと外気や余分な湿度を遮断し、適正な温度と湿度で管理された躯体は、設備なども自然の過酷な環境にさらされることがありません。その結果、家が長持ちして大掛かりなメンテナンスも長いスパンとなります。

冬場の乾燥による木材の隙間での気密性の低下や骨組みのゆるみ、見えないところで起こる結露による腐食。
夏型結露やカビの発生からくるシロアリ被害など様々な家の寿命を短くする現象を防ぎます。

また、室内の大量な空気の流れで、ほこりを集め取り、掃除のしにくい場所でも汚れません。