カビの問題は住んでから考えるより建てるときに考える

今までの多くの住宅では、家の中の温度のバラつきや低いところ、窓など直接外の影響を受けるところ、押入れの中など空気の流れが悪く換気されないところ、気密性能が低く壁の中や断熱材に湿気が入ってしまうところなど、見えるところや見えない場所でも結露しています。
結露やカビの原因を作らない家造りが必要です。

pixta_17140405_M
一般に高気密高断熱の家では計画換気が出来るようになり、表面結露の発生は少なくなってきました。

しかし、壁の中や床下、屋根裏など普段見れないところでおきている内部結露の対策もしっかりと考えることが大切です。

結露対策に換気が大切ですが、窓を開けての十分な換気ができる時間は、季節や外気汚染・いそがしい現代社会での生活スタイルにおいて難しくなって来ています。

冬のクローゼットの洋服もあたたかい

pixta_21008720_M
マッハシステムが採用可能な家は、家そのものの性能も抜群でなければなりません。

外の厳しい自然環境から住む人や家を守るための断熱材に、「アイシネン気密断熱材」を使い、開口部の窓にも気密性と断熱性に優れた「樹脂製サッシ」を採用し、結露を防ぎます。

この性能の高い家に、空調室に一台備え付けられたエアコンで、温度・湿度を調節した空気を、ダクト方式で各部屋に送風機により大量に空気を送ります。

ゆっくりと大量に流れる空気は、家の中の温度を一定にします。
建築基準法では換気を考えないで良いとされているクローゼットの中にも常に最適な空気が流れるため、結露やカビを発生させないだけでなく、埃もたまらず、冬でも暖かい洋服をすぐに着れるという、うれしい収納になります。