薬剤に頼らないシロアリ対策

建物の床下部分の劣化問題で心配なものの要因のひとつにシロアリ被害があります。
pixta_21008720_M1
シロアリは建物の柱や土台となる木材を食べてしまいます。
気が付かず放置していると修繕コストがかかることはもちろん倒壊の恐れが増してしまいます。

建物が侵食されてからだと、専門業者に依頼してシロアリを駆除してもらうしかなくなってしまいます。

シロアリ対策としては一般的には薬剤使用などを思いつかれるでしょうが、その他に建物そのものをシロアリが侵入しにくい構造にするというのも対策のひとつとなります。

建物の基礎も高くなり、換気性能も上がりましたが、風の無い日や温度差の無い場合十分な換気が出来ません。

シロアリは気流を避ける性質があり、風を感じるとUターンして戻っていってしまうのです。換気や通風が大事です。

床下にも適正空気を送るマッハシステムはシロアリ対策にも有効

pixta_21606090_M
マッハシステムを採用した建物内には適正に調整された空気が流れています。

その空気は家じゅうに流れ床下にも同じく流れます。1年中絶えず一定の風量、一定の速度の適温の空気が流れシロアリの進入を防ぎ、家を長く守ります。

床下に薬剤を使わず、土台などに使った桧などの木の香りを室内で感じることが出来ます。

住む人や造る家に健康的なくらしを手に入れて下さい。