エアコンの調節上手にできていますか?

pixta_22969867_M2
冬場におこるヒートショックは、暖かなお部屋から急に温度の低いお風呂場や洗面所の温度差で起こると言われています。また、夏場に冷房を強くすると、体内温度が下がりすぎて内臓を冷やし体に良くありません。

最近は性能の良いエアコンも多く登場していますが、小さなお子様からお年を召した方まで丁度良い温度で過ごせるように、閉め切った室内の温度を上手に調節することはなかなか難しいのではないでしょうか?

それもそのはずで、たとえば暖房で室温20度にする時には、吹き出し空気の温度は45~60度くらいになります。空調の近くにいると、熱風を感じてしまい、遠くにいるとそのギャップで寒く感じてしまいます。



風速感を感じないマッハシステムの空調
マッハシステムでは、通常運転時には室温2~3度差程度の空気を部屋に送ります。
そのことで室内の上下温度差や各室の温度差が非常に少なくなり、快適な空間が実現します。

温度差が小さい分、風量が多くなりますが温度差が少ないので、ほとんど風速感を感じることはありません。

冷たい空気や熱い空気は、少しの風速で不快になりますが、室温とほとんど同じ温度の空気は気流感をあまり感じないという点は、ぜひ、モデルルームで体感いただきたいポイントです。


従来の空調では、不要な輻射熱(ふくしゃねつ)が発生し、知らず知らずのうちに不快に感じる方もいます。 その点、マッハシステムの空調は、多めの吹き出し空気によって部屋の空気がゆっくり室内に広がるため、床・壁・天井の温度もほぼ同じになり、ムラのない空間をつくりだします。
mahat_senmen
もちろん、リビングや居室だけでなく、洗面所や玄関、廊下にも空調の吹き出し口があるので、家じゅうの温度が一定で、寒い冬や暑い夏の日も家での活動がしやすい環境となります。

お風呂に入りたくない、空調のきいた部屋から動きたくない、家事がしたくないという気持ちも薄れ、規則正しい生活ができるのではないでしょうか。