昨今のトイレ事情

DSCF5264
愛和建設㈱ 折田です。
今日はトイレの話を書いて
みようと思います。
 
昨今のトイレは、以前と
比べて進化しており
住宅設備機器のハイテク
分野においても最先端だと
思います。昔は単純に
「用を足す」だけの場所
だったトイレでも、昭和
50年初期に出た
「ウォシュレット」が
大活躍し今では日本の
便器は外国のセレブが
取り寄せるほどの商品
になっています。

昔は水洗トイレが無く
汲み取りで不衛生な為
家とトイレを切り離した
為、便(用を足す)所=
便所という名が
付きました。水洗トイレ
の普及以降、各住宅の
1階・2階にそれぞれ
トイレを設置できるよう
になり、形も和式から
洋式に代わっていきました。

最近のトイレは自動洗浄は
勿論の事、音が流れる音姫
機能や脱臭・乾燥、
ハイグレードな物ですと
LEDライトが付いたり
アロマオイルで香りを
だせる物もあります。

また、節水も優れており
昔は水流の力で洗う
「洗い落し式」だったので
1度に10~14Lほどの
水を使っていましたが
近年は「トルネード式」
や「サイホン式」などで
渦の力で流す為1度に
4~5Lほどの水で流せる
ようになりました。

節水性良く、見た目も
スタイリッシュで
リフォームをお考えの
方には最適です。壁紙
を新たな物に換えれば
日々の暮らしに変化が
出来ます。

当社では新築はもちろん
リフォームも扱いますので
是非!当社に御相談
下さい。