アフターメンテナンスについて   齊藤

家を建て、引っ越しされたら、建てて、
良かったなと思われる方、この部分(配置、スペース)
等を、こうしたらもっと使い勝手良かったとか、  
生活していく中で、人それぞれの
思いがあると思います。

人生の中で3回は、家を建てないと,納得する家が
建たないとが言いますが、、、

そして生活する中で、いろいろと問題が生じたりします。

一年前後だと大体クロスの隙間、建具の調整、
鍵の不具合等が出てきます。

木材を使用していますのでどうしても雨多い時期とか、
湿度の高い時期とか、乾燥した冬場などに 
、木材が収縮したり、膨張したり
します。

5年ぐらいするとネジの緩みとか、
外壁コーキングの不具合とか出始めなす。

10年ぐらいたつと外部塗装とかメンテナンスが必要
になります。

ここ最近では、表面塗装が、良くなり変色、
金具掛けにより、表面のクラックの減少により
少なくなってます。
 
人も年を取るにつれ、病気がちになり、
あちこち痛む部分が出てきたり、
思うようにできなかったり、、、

建物もおんなじで、あちこち傷んでしまう、部分が
でできます。少しでも長く住み続けるには
手入れしリフォームとか、やっていけば
長持ちに繋がります。