愛和建設 基礎について。  齊藤

DSCF0647
一般住宅の基礎構造には大きく分けて、  
布基礎、べた基礎があります。 
 
その前に、地盤調査を行うことにより地盤強度とか調査し
建物を十分保てる地盤なのかが調査でき、  
弱い場合に必要な地盤補強の杭工事の種類等、  
選択できるように、必要な調査になります。 
 
布基礎とは、建物の一階の壁部分の下のみに、基礎を 
連続して配置し、逆T字型の断面形状をした
鉄筋コンクリートの基礎です。

べた基礎とは、底板一面を、鉄筋コンクリートで、
支える基礎(耐圧版)を作り、家の荷重を地盤面全体で、
受けるため、負担が分散され、
安定性に優れた基礎になります。 

現在はほとんど、べた基礎が多くなってます。 
 

わが愛和建設では、自社物件ではべた基礎を標準としています。
ただのべた基礎ではなく、コンクリートを打設する前に、
べた基礎一発君を採用し、耐圧版と、立上り基礎を同時に、
打設することが可能な金具を使用することで、
枠を組み立てて固定して完了です。
後日打設を開始です。 

外部からの水の浸入を防ぎ、品質向上につながり、
強い基礎につながりコストダウンにもなります。
(雨でたまった水は水抜き等で逃がし、どうしても
抜けない水は、大工さんがふき取るか、
現場監督が床下に潜って処理してます。)  

べた基礎一発君もぜひ見てください。