039
愛和建設 齊藤です。
基礎工事が完了すると建て方(上棟)になります。
屋根の棟まで立ち上がると上棟になります。
この現場は手作業で建て方を行っているところです。

通常は、重機を使用し建て方をしますが、 
今回は、近隣の電柱とか電線が張り巡らされ、
建物配置条件等で、重機使用は無理でした。

最近は高齢化社会ともいわれ、近年では、年配の
大工さんばかりで、若い大工さんが減っています。
 
一人前の大工さん(棟梁)になるまでは、10年かかるといわれ、
どの職業でも簡単に覚えられることではありません。

材料(木材)に墨付けを行い、1本1本手作業で、継手、仕口、
等、加工したり、このような作業から、学ぶのですが、
覚えるのが大変です。

今では木材の加工など、プレカット工場で柱、梁
1本ずつ加工されるようになり、材質の品質向上と建て方精度、
工期短縮、人手不足補っています。

何年もかかるとやはり今の若い世代では、ついていくだけで、
大変で、服は汚れるし、仕事は、きつい、危険(3Kといわれてます。)
この様な条件で、若い職人さんが減りつつあり、
人手不足で、段取りが大変です。
 
それでも頑張り屋さんの職人さんがいますよ。


050-2
上棟完了後建物全体を青いシートで塞ぎ雨が降ってきても  
濡れないように養生します。 
これは、愛和建設の社長のこだわりで、どの現場でも、
いかされてます。