上棟風景。   柴田

2d648773d1b26b844c0178001270551c1-e1590130110366
そもそも上棟は、

一般的には建築物を建てるにあたり、

柱や梁などを組み立ててから、

屋根の一番上にある梁を取り付ける

ところまでを指すといわれています。
56c72bddabf6c29eb5276c0d73c755941-e1590130166493
上棟時は、頑丈な金具を

何百本と使用します。

柱と柱を繋ぐ命。

監督が高いところから写真を

撮りました。
dca7d778db5d6acebe0cd66b97428eb7-e1590130192943
上棟日は、天気が重要。

雨が降ったら、木材が濡れては大変

日程が天候で左右されると、
大工さんをはじめ、それをサポートする
建方の職人さん、木材の運搬…

全てが調整のし直しです

305be70dc664fa8997bcb21067285cea-e1590130213256
上棟日前になると、
現場監督は、
天気とスケジュールのにらめっこ

上棟が無事故で
無事に終わりますよう
緊張の1日なのです…

3907d49b7620026afa2ff0211a740a3a-e1590130238452
愛和建設では、
上棟後は全てを
ブルーシートで覆います。

突然の雨にも濡れないよう
監督自ら、シート張り
e92e42bebb2e4caf24fad64eaf8dc117-e1590130368756
この日も天候に左右されず、
無事に上棟が終わりました

職人たちにも安堵の顔が伺えます。
顔を出せないのが残念ですが

朝一番で始まった作業も、
終わるころには夕焼けです。

一番ホッとしてるのは
やっぱり監督ですね