雨の日の洗濯物の室内干しの注意点

RIMG1635
愛和建設 西村です。

本日、10年前に担当させて頂いた御施主様より、
ウッドデッキの床の傷み具合を確認してほしいと
連絡があり、お伺いいたしました。

二世帯住宅の二階リビングから出るバルコニーを
ウッドデッキにしています。

米杉材を利用した床材で、御施主様が塗装を数回
塗りなおしてメンテナンスをされていました。

大多数の部分は、しっかりとした状態でしたが、
木の節の部分が取れ、穴が開いていたり、
その周辺が腐食していました。

骨組みをアルミ部材で造っている為、
骨組みはしっかりしています。


RIMG1648
物干しスペースとして使うバルコニーデッキで、今後も
長く使うことを考え、メンテナンスの少ない
人工木材のデッキ材のご提案を考えています。

また、お伺いした日は、雨が降っており、
洗濯物を寝室で、室内干しをされていました。

まだ、9月の終わりで寒くないのに、寝室の窓のアルミサッシ
には、結露が発生していました。
KIMG1225
扇風機を使って空気を動かして、乾きを良くしていましたが、
カーテンを開けると窓のアルミ部分に結露を発生させていました。

天井のビニールクロスには、黒いカビが付着していました。

寝室で、家族で寝ているところにカビは、健康にも良くありません。
家にとってもカビの放置は、危険です。

(10年前にも、マッハシステムがあれば、この御施主様のように、
たまの雨の日の室内干しでも、カビの原因となる結露や、
湿度の高い室内環境を作ってしまう事がないのに・・・と思いました。)

マッハシステムは、一年中、毎日室内干しでも、
大量の空気の流れで、よく乾き、不要な湿度の上昇も防ぎます。

季節や天候、時間を気にしないで選択が出来る
マッハシステムの家は、
毎日の家事の負担を減らすことができます。

以前にも御紹介いたしました、マッハシステムの洗面家事室は、
『洗濯する→干す→たたむ→収納する』を一部屋でできます。

間取りをお考えのときには、ご検討をしてみて下さい。

この御施主様の寝室の窓には結露防止と、
寒さ対策に樹脂製の内窓(二重サッシ)のご提案し、
室内環境の改善をしていきます。