遣り方(やりかた)作業中

1520298408061-e1520557214646
遣り方(やりかた)とはこれから立てる建物の正確な位置を決める
為の仮設装置です。
基礎の仕上がりの外側に打った杭に、水平の板を
取り付け、その板と板の間に水糸を張っていきます。
その水糸が建物の中心線となります。
これから始まる基礎工事の前のとても重要な作業になります。