川崎市の注文住宅でマッハシステムの床下配管をしました。

DSC_0020
川崎市の注文住宅のマッハシステムを採用された
新築現場の床下に、マッハシステムの配管をしました。
一本から二本にわけて、空調室からの風を送ってます。
DSC_0021
一階の各部屋の床下に風が回るように、吹出し位置と
排出口を計画とおり施工していきます。

床合板で床ををふさぐ前にダクトを通します。
後からもぐって配管するのは大変なので、
先行で配管します。

床下にも大量の空気を送ることで、床下に湿気をためず、
カビやシロアリの発生を防ぎます。

床下も室内と同じ快適空間になります。