窓の話 その①

1500527700551
愛和建設㈱ 折田です。

今回は住宅の窓の事について
書いてみたいと思います。

窓(サッシ)については
製品の違いと種類がありますが
製品としましては
アルミ・樹脂・木製と別れまして
上記の窓枠のあいだに
ガラスをはさんだものになります。
種類としましては
引違いや上げ下げ窓、滑り出し窓
など多種多様です。

窓は明かりを取り入れるほか
換気をしたり家のデザインに
使ったり住宅作りには
かかせないものです。
ただ、昨今では結露や
部屋の温度が外に逃げたり
また外気が中に入る等の
気密の問題があります。 

気密を確保するには
開口をなくすのが一番ですが
そうはいかないので
窓の気密をあげる事が重要です。

窓枠につきましては熱伝導率で
熱を通しにくい材料が優れている為
熱伝導率の低いものが気密の
取れやすい製品になります。
その結果

1 木製
2 樹脂(プラスチック)
3 アルミ

となります。ちなみに鉄はアルミ
より熱伝導率が高いです。
(触ると熱い・冷たい)

それでは木製のサッシが一番と
いう事になるのですが
木は当然自然素材の為、
水分を吸いやすく水密性の
観点から塗装による
メンテナンスを周期的に行う
必要性があります。
また、割れや反りなどの
狂いも出やすいので
建築業者やメーカーとしても
扱いにくい点が多少なり
挙げられるところです。

アルミは水密性・強度・加工
のしやすさ・劣化しにくい等で
高度経済成長と共に重要な
役割を担ってきた材料です。
勿論、今でもアルミサッシは
ラインナップとしてかかす事の
出来ない商品です。
ですが先程の熱伝導率で
劣ってしまう為結露しにくい
樹脂を内側に覆ったりして
デメリットをなくすように
しています。

そこで昨今の気密の重要性で注目
されていますのが樹脂窓です。

次回は樹脂窓について
書いてみようと思います。