窓の話 その②

IMG_6439
愛和建設㈱ 折田です。

前回に引き続き、住宅の
窓の事につきまして
書いてみたいと思います。

前回は窓の材質の話で
木製とアルミ製の違いを
書きました。今回は
樹脂窓について
書きます。

樹脂窓とは窓枠と障子が
樹脂(プラスチック)で
形成されており、
その中にガラスを組み込んで
ある製品をいいます。
色もアルミのラインナップと
ほぼ同じで一見みますと
アルミとの違いは判りません。

前回お話しました熱伝導率も
木製とアルミの間という事に
なりますが、アルミ同様に
水密性・強度・加工のしやすさ・
劣化しにくさで木製よりも
扱いやすく
近年では高気密・高断熱住宅
に多く使われております。

ガラスの種類も遮熱・断熱があり、
複層(ペア)・トリプルガラスで
性能を高める事が可能です。

窓の種類としましては引違いや
上下窓・縦すべり出し・横すべり出し
・はめ殺し(FIX)等ありますが、
正面から風を取り込める場合は
引違いが良く、横風や隣家がある
場合などは縦すべり出しの方が
風を取り込みやすいです。

間取りやプランニングの打ち合わせ
の時は設計士が窓の形状を
予め落とし込んでお客様と
お話しますので、その時に
設計士と窓の話をされると
いいと思います。