庇 「ひさし」の重要性・・・最近見ますか?

aa-e1498031442792
愛和建設㈱ 折田です。

本格的な梅雨に入り、憂鬱な気分になりますね。
雨が降ると窓を開けられない為風通しも悪く、
湿気がこもりがちです。

そのような時に役立つのが 「庇」 です。

平成に入ってから建てられた家の多くは
昭和までの家のように軒先や庇を
出さない設計が多かった様に感じます。
和風なスタイルなら別ですが、洋風、欧風な
スタイルの設計に軒先を大きく出したり
庇を付ける形が合わなかったのではないか
と思うからです。

軒の出は、建物の配置や斜線の制限等で
出せない場合がありますが
庇は制限などはあまりなく、比較的に容易に
取付られます。(金額面は別としてですが)

庇は前に出ている形状から、雨よけになりますので
窓を開けて換気が出来ます。
これから秋にかけて太陽の光が高くなりますが
熱い日差しを防いでくれ、冬は太陽の光も
低くなり庇の下から光が入ってきて
ポカポカ暖かくなります。

日本には四季があり、今ほどではないにしろ、
梅雨から夏にかけての暑さをどうしのぐかを
先人達は考えていたのだと敬服します。

以前の庇は木で形を作り、板金をかぶせた物が
多かったですが、最近ではアルミ製で
スタイリッシュな形状になった事で洋風、欧風な
スタイルの設計にも合うようになりました。

先人の知恵をうまく活用し、
遮熱・断熱・通気性を高める庇の
役割を再度見直して役立ててみては
いかがでしょうか。

愛和建設㈱ 折田です。

本格的な梅雨に入って憂鬱な気分になりますね。