窓リフォームで断熱アップ!しませんか?

DSCF3852-e1497575181515
愛和建設㈱ 折田です。

先日の夕方、某住宅サッシ
メーカーの勉強会があり、
既存住宅の断熱性能を
上げる商品について学び
ました。

既存住宅のサッシ、障子を
取り換えるのは外壁を切断
して外さなければならない
為、従来では難しく、費用も
高額になってしまいました。
また、サッシのサイズは
メーカー、新築時によって
異なり、障子だけ取替え
たくても合わないなどの
お声もお聞きしました。

大半の方が断熱性能は
「壁」によるものと
お考えですが、実は
「窓」からの熱の移動が
ほとんどなのです。
暑さ・寒さ・結露などは
窓の断熱性能を上げる事で
だいぶクリアされるのです。
しかも、既存のサッシは
そのままで大丈夫です。

まず1つは「内窓」です。
既存のサッシの窓枠の
内側にひと廻り小さい窓を
取付けます。サッシ枠と
障子が熱伝導率の低い
樹脂製になっており、
ガラスも単板・複層
(2枚)・ROW-E複層と
種類が選べます。既存の
サッシとの隙間は空気層に
なるので外の熱気・冷気を
内部に入れません。
また、2重サッシになる為
防犯・防音に優れており、
いいことずくめです。
リフォームでは浴室・洗面・
トイレの水廻りが特に
需要があると言っていました。

もう一つは「カバー工法」です。
こちらは内窓より少し難しい
ですが、既存サッシの窓枠は
そのまま使いその窓の輪郭の
中に一回り小さいサッシ本体を
そのままはめ込み、カバー枠で
隠す方法です。
こちらのメリットは既存サッシの
形状(縦すべりやはめ殺しなど)
から新たに形状を変更できると
いう事です。以前は開けられ
なかったが今度は開けたい等の
要望に応えられます。しかも
こちらも部屋の内側から施工
出来る為、2階でも足場が不要
です。(勉強会を行った
メーカーのサッシのみ可能との事)

どちらも窓1箇所から見積・取付
可能ですので是非!ご検討下さい。