畳の床は気持ちいい!

119
愛和建設㈱ 折田です。

今日は「畳」の事について
書いてみたいと思います。

畳はそもそも日本固有の文化で
他の国にはありません。
昔は「ござ」「むしろ」等と呼ばれる
畳表のみを畳んで部屋の隅に
置いた事から「たたむ」→
「たたみ」になったそうです。
畳の起源は平安時代頃から
始まり、当初はござに近い
敷き方で、室町時代から
現在の和室の様に部屋
全体に敷き詰め、動かさない
様になった事で厚さも
厚くなったようです。

また、日本では部屋の広さ
を示す際、6畳、10畳など
「畳」「帖」で示すのが
ほとんどです。それだけ
私達の日常にも深く浸透
しているのがわかります。

畳の無い海外の家とは
違い、日本には和室が
あります。昨今は欧米の
生活スタイルにより、和室
が少なくなってきましたが、
現在でも畳の良さを好む
お客様によっては取り入れる
方も多くいらっしゃいます。
正座をしていた頃の世の中と
違い、今は左程
かしこまらなくても今の
世の中に合う使い方をすれば
良いのではと思います。
実際、休日の晴れた日に
畳の上でごろ~んとお昼寝
したら本当に気持ちいい
ですよね!

畳は赤ちゃんのお昼寝や
おむつ替え、ハイハイなどは
硬い床と違い畳は柔らかい
ので最適ですし、ゲストが
泊まる時などはベッドが
なくても1組布団を用意
しておけば安心です。
また、自然素材の為、
調湿機能があり健康にも
良いです。梅雨時など
湿気が多い時はカビが
生えることもあるので
晴れた日に畳を天日
干しすれば大丈夫です。

今は和室を作らなくても
洋室で床のフローリング
にした「洋和室」を作る
事も多くなってきました。
御自宅を新築される際
には是非!当社に
御相談下さい。