在来工法と2×4工法     柴田

家作り・当社のこだわり
家造り
弊社では、在来工法と2×4工法の
どちらでも対応可能です。

お客様のプランに合った工法で提案しております。

zairaikouhou-e1526630819238

在来工法とは、日本古来の建築工法で、

土台、柱、梁によるフレームで構成された工法で、通称「木造軸組工法」といいます。


在来工法は設計の自由度がもっとも高く、変形した敷地などの対応や増改築なども行うことが可能です。


現在では、取付金物を併用しているため、強度の高い躯体が造れるようになっています。
また、木造住宅の多くはこの工法で建てられています。

koyaumi

2×4工法とは、2×4インチの断面(基本寸法)

持つ木材と構造用合板を釘で接合したパネルで、

壁、床、天井を構成し建築する工法です。
通称、軸組壁工法といいます。


2×4工法は面で建物を構成しているため、

一般に地震に強いとも言われています。


また、吹き抜けなどの大空間の建築にも適しています。


しかし、施工後の増改築がしにくいため、十分な設計・打ち合わせをおすすめします。