相模原市の注文住宅で建てたマッハシステムの家で猛暑をのりきる

nettaiya1
愛和建設㈱ 西村です。

マッハシステムを採用したエアシールハウス・ZERO
の家に住み始めて、半年が過ぎました。

今年も暑い夏も終わりました。

マッハシステムの快適性は、日々感じられました。

去年までの夏の夜は、エアコンが止まると目が覚め、
寝苦しさを回避する為、エアコンをつけっぱなしで、
布団をかけて寝たり、室温が下がる明け方まで、
リビングで寝たりとエネルギーの無駄ずかいをしていましたが、
少ないエネルギーで、家じゅう快適空間を維持する
マッハシステムで、ストレスフリーな生活ができました。

常に26度以下で、どこの部屋も、どの時間帯でも快適でした。
体温の高い子供も朝までぐっすり寝ています。
おなかを出したまま寝ていても、エアコンの直接の冷たい風ではなく、
適正温度のきれいな大量空気の流れで、
寝冷えも、息苦しさもありません。

真夏もしっかりと睡眠ができるマッハシステムの家は、
クラブ活動や仕事の疲れも、ためることなく、
勉強も集中して取り組めると思います。

また、今年の夏は、雨が多く又、暑い日と涼しい日と、
交互に入れ替わるような天候で、
体調を崩された方が多かった思います。

仕事や学校など、家の外に出ると厳しい環境にさらされる生活の中、
家の中だけは、ストレスを感じず、体調を整えられ、疲れをとって、
夏ばてしない、住む方に優しい家を、
多くの方に住んで頂きたいと思っています。
KIMG07551
しかも、高性能な愛和建設の気密・断熱性能の家は、
エアコンの電気代も抑えられます。

これから、ますます上がる気温と電気代の対策が、
これから造る家に必要です。