相模原市の注文住宅マッハシステムの家の中で育つおじぎ草

KIMG1190-e1507525227770
愛和建設 西村です。

春に子供が種を植えて、家の中で育てている
我が家のおじぎ草の『ぺっちこりん』も花を咲かせ、
大きくなりました。

窓から日の光を浴び、マッハシステムの家の
きれいな空気の中でのびのびと成長しています。

おじぎ草は、マメ科・オジギソウ属の南アメリカが原産の植物で、
日本には、江戸時代にオランダ船によって持ち込まれました。

ピンク色の小さな、かわいい花をさかせます。



KIMG1191
我が家のキッチンの窓においてある『ぺっちこりん』は、
朝日で目覚め、葉を大きく広げ家族が起きるのを待ってます。
夜は、葉を閉じて、一番に寝ています。
たまに、子供の方が先に寝てしまいますが。

先日、夕方4時ごろから寝て、朝6時まで一度も起きずに、
14時間も寝れる子供にも驚きましたが、これも快適温度で
温度変化が無く、きれいな空気で、機械音もしない、
静かなマッハシステムの寝室だからだと思いました。

本来、おじぎ草は、多年草ですが、寒さに弱いので、
日本では冬を越せないことから一年草として扱われます。

一年中、快適温度のマッハシステムのわが家では、
冬を越すことができると思っています。

ちゃんと冬を越すことができれば、
今より大きい鉢にお引越しです。

生活の基本となる住宅も、家族の成長に合わせ柔軟に
対応できる間取りや、維持管理や、光熱費などを含めた
トータル金額で、計画することが必要です。

人生、100年時代と言われて来ていますので、
住宅も長く住み続けられる性能が必要です。

その一つが、省エネ性の高い住宅です。
電気料金が上がり続けていることへの対策です。

設備機器の省エネ化や、太陽光発電などの造るエネルギーも大切ですが、
まずは、少ないエネルギーで生活できるエネルギーを無駄にしない住宅が
優先だと考えています。

そのご提案が、家の断熱性・気密性を高めたエネルギーを逃がさない性能、
すてる空気の熱まで利用する熱交換換気、窓を閉めている状態でも確実に
換気される空調システム(マッハシステム)を組み合わせた愛和建設の
エアシールハウスです。

自宅で、毎日、マッハシステムの恩恵をおけていますが、
もっと多くの人に、マッハシステムやエアシールハウスの性能を
知ってほしいと思っています。