雨続きの夏でも快適。マッハシステムの特徴

yjimageJ30SK20E
今年も夏は、とにかく雨の日が多く、
地球の悲鳴が聞こえるようです。

地球にも、家族にも優しい家づくりとして、
エアコン1台で、全館空調できる
『マッハシステム』を採用した、愛和建設の
エアシールハウスシリーズ

高気密・高断熱・高気流という今までの
家づくりと違う、『マッハシステムの家』

ジメジメと湿度の高いこの季節、
高い位置の窓を開け、低い位置の窓から
風を入れ、風通しを良くした家でも、
家の中の温度は下げられても、
外の高い湿度を入れる為、
ジメジメ感がのこり、快適とはいえません。

昔から受け継がれてきた家づくりの基本の、
消費エネルギーを少なくする自然換気も
これからの家づくりに大切なことです。

自然エネルギーを上手に使い、
新しい技術や考え方を取り入れた
マッハシステムを使った家づくりが、
愛和建設の『エアシールハウス』です。

キッチン
当社の相模原市にあるモデルハウスでは、
マッハシステムを採用していますので、
高気密高断熱住宅で、窓は開けません。

しかし、風船を家じゅうどこにおいても、
ゆらゆらと動いてとまりません。

室内で風を感ないのに風船は動きます。

見えない空気の流れわかります。

窓を開けないのに、家中の空気が動きます。
これが、マッハシステムの特徴です。

エアコンを使うことで、室内の湿度も下がり、
外はジメジメ、家の中はからっと!
雨続きのこの夏でも室内はとても快適です。

温度だけでなく、湿度も快適にできる
『マッハシステムの家』
しかも、省エネで、
地球温暖化防止にもつながります。

是非、愛和建設のマッハシステム体感
モデルハウスで確かめて、
家づくりの参考にして下さい。

愛和建設 西村でした。