マッハシステムで梅雨時期のカビやダニ対策に効果的な家づくり

KIMG0568
愛和建設㈱西村です。

エアシールハウス・ZEROの家の中で
子供が育てているおじぎそうの
『ぺっちこりん』が芽を出しました。

朝はキッチン、日中はリビングと家の窓枠の
上を移動さして太陽光に当てていたことで、
早く芽が出ました。

マッハシステムのエアコン1台で全館空調の家は
、窓を開けなくても十分な換気量があり、
外の空気汚染物質を取り除いたきれいな空気
を取り込むので、家族にも植物にも優しい室内環境です。
関東地方も梅雨入りして、
これからの家の中の湿度が上がるきせつです。

この時期の情報番組等で紹介される湿気対策や
カビ・ダニ対策など、様々な方法でがありますが、
時間と労力が必要とされます。

マッハシステムの全館空調の家では、
その多く対策がとられています。



乾燥と風邪
窓を開けずに確実な換気ができるマッハシステムは、
土ぼこりなど、土の中に多く含むカビの進入を防ぎます。

ダニやカビが意外と多くいるカーテンの裏も、
窓を開けず網戸を使わないことや、
結露しない樹脂サッシの利用と、
ほこりのたまらないマッハシステムの空気の流れが
ダニやカビを寄せ付けません。

ほこりのあるところにダニはいると言われていますので
、床や家具の上など家じゅうのにほこりが落ちる前に
フィルターに集めることができることで、
ダニの住みかを無くし、繁殖を抑えます。

濡れた靴で帰ってきても、下駄箱の中の排気口から、
湿気や臭いを外に捨てる為、大切な靴や下駄箱の中、
シューズクロークもカビから守ります。
KIMG0558
まだ、本格的な梅雨に入っていませんが、
我が家の湿度計は、60%以下を保っています。

毎日2回の洗濯物を室内に干ししていますが、
カビやダニの繁殖の危険がある70%以上になっていません。

マッハシステムの家は、梅雨のジメジメした時期でも、
家の中は快適温度と適正湿度を保ちます。

家の中に温度・湿度計を置いて家の中の湿度を知ることが、
カビやダニの発生を抑える第一歩だと思います。