体感する事の重要性

IMG_76612017.9.17-e1505970709571
愛和建設㈱ 折田です。 
今日はマッハシステムを
導入した家の空気の
流れについて書きたいと
思います。

1種換気(機械による
強制換気)を取り入れて
いないごく一般的な
家は、通常窓を開けて
換気をする時でなければ
体に感じるほどの風の
動きは感じないと思います。

逆に窓を閉めきっている
時の方が不快に感じるのが
早いと思います。


私が住んでいる家には
マッハシステムが
ついていませんが、
(導入前に建てている為)
一部吹き抜けがあり
プロペラのような
シーリングファンという
物が付いています。

夏は涼しくする為
エアコン等を使用し
冷気を入れますが
冷たい風は下に
溜まるので、ファンの
向きを下にします。
すると風がかき回され
上下間の温度差が
少なくなります。

逆に冬は暖気は上に
上がる為、ファンを上に
向けてかき回します。

そんな時、実際の中にいると
本当に風による温度の
移動が体感出来るのです!
不思議なもので空気は目に
見えないのにいつもちゃんと
そこに存在しているんだなと
実感できます。

マッハシステムは熱交換機に
よる換気計画で常に空気が
移動しており、風が溜まる所が
ありませんので常に空気の流れ
が感じられます。
温度差や空気の流れは
体感しないとわかりませんので
是非!当社にお問い合わせ
下さい。