スタッフブログ

来年も宜しくお願い致します!

2017年12月21日|カテゴリー「愛和建設の出来事
side-bn-model1
愛和建設㈱ 折田です。

今年もあと10日余りと
なりました。
今年の3月からホームページを
リニューアルしまして、
新たにスタッフブログを
始めました。建築現場の
状況は勿論のこと
建築用語や知識、工法など
ブログを見て下さる方に
少しでもお役に立てる事が
あれば、今後も色々書いて
みたいと思います。
また、お客様の「ここが
知りたい!」という
リクエストなども
頂けましたら、こちらの
持っている知識と
ノウハウをフルに!?
活用しましてお答え
したいと思います。

当社も新築・リフォーム
はもちろん、ちょっとした
細かい仕事もどんどん
お受けしておりますので
お気軽に御相談下さい!

今年も1年有難う
御座いました。
また来年も宜しく
お願い致します。

良いお年を
お迎え下さい。

横浜市青葉区で新築注文住宅の家をたてる工事の始まり

2017年12月20日|カテゴリー「現場の声
20171216_084448
今週は、横浜市青葉区鴨志田で、自社物件の基礎工事が始まりました。
住宅基礎を高強度にするため、オリジナル工法の「ベタ基礎一発君!」
を使い、コンクリートを耐圧ベースと立ち上がり部分を同時に打設します。
その、ベタ基礎一発君を使用した型枠組みの様子です。
20171216_0844571
コンクリートを打設するときに立ち上がり基礎の位置が動かないように、
単管パイプで固定します。
20171216_084542
ベタ基礎の耐圧コンクリートの厚みが均一にするためと、
「ベタ基礎一発君!」の固定の為に、捨てコンクリートを施工します。

20171216_090217
この写真は、「ベタ基礎一発君!」を使った、一体打ちの
コンクリート打設の様子です。
コンクリートミキサー車からのコンクリートをポンプ車で、
立ち上がり部分から流し込み、最後に耐圧ベース部分を
流し込みます。
20171216_1357071
この季節は、コンクリートの固まる時間がかかるため、
設計強度より高い強度のコンクリートにして、
早期に強度が出るようにして、凍結を防ぎます。

耐圧ベースの表面が乾いてきたら、金コテで仕上げます。

全館空調のマッハシステムは、床下にも空気を流しますので、
工事中の木くずなどをしっかると掃除する為に、
きれいな表面に仕上げます。

愛和建設の高気密高断熱を活かした全館空調の
マッハシステムの工事は、基礎工事から始まっています。

町田市注文住宅 S様邸マッハシステム空調室

2017年12月15日|カテゴリー「現場の声
DSC_0001
町田市の注文住宅のS様邸のマッハシステム空調室に、
各部屋に風を送る、DCファンを、設置しています。

小さな工事

2017年12月15日|カテゴリー「現場の声
新築工事を始めていると、よくご近所様からチョットの声がかかることが。
何かご迷惑をかけたかな、それとも❓と向かうと。

細かな調整から、小さな工事までいろいろである。このままで大丈夫なのか見立てを
頼まれることも。

今回は
KIMG04031-e1513305767913
だいぶ年数がたっているウッドデッキである
材質は米松かな?防腐の注入材であろう材は朽ちていた。
全体的に痛みが進み、少し不安があるが施主様はせめて
ステップの部分だけ直したいとのこと。

了解です!
KIMG0409-e1513305799757
古い部分を取り除き、そこに新しい材を取り付ける、
今度は南洋材の一種のセランガンバツーを使う。
今までとは違い節もなく持ちもいいはずです

今回はこんな感じで予算ができたら、全体をと言うことで。

何でも、ご相談ください      

愛和建設出来事

2017年12月14日|カテゴリー「愛和建設の出来事
BeautyPlus_20171214222603_save
夕方の事務所です。
監督達が事務所に戻り、
みんなで何やら打合せ中。
BeautyPlus_20171214222648_save
昼間の静かな事務所と
打って変わって、
一気に活気が溢れてます❗

相模原市緑区のビルトインガレージのある注文住宅

2017年12月14日|カテゴリー「施主様のこだわり・工夫
IMG_7991

相模原市緑区二本松で今月、注文住宅が完成しました。
ビルトインガレージ付の住宅です。

高気密高断熱仕様の木造住宅です。

大きなビルトインガレージを備えた住宅です。

玄関ドアは2箇所あり、ビルトインガレージへの
出入りができ、とても便利です。

雨の日に濡れずに、車への乗り込みができ、
小さな子供を乗り降りさせる為に、
濡れることもありません。

ガレージ入口の木目調オーバースライダーは、
高級感がとてもあり、巻き取りシャッター式より
静かで、スムーズに早く開け閉めができます。

交通量のある道路に面したビルトインガレージなどにも適しています。

IMG_7879
車2台とバイクや自転車の置ける
大きなビルトインガレージです。

家の中から車が見れる、車好きのあこがれる
ビルトインガレージです。

大切な車やバイクを雨や盗難から守り、
夜遅くまで整備や、改造も出来る魅力的なスペースです。

ご主人様のこだわりのガレージの完成しました。




DSCF4284

家の性能も、家族が健康で長く安心して暮らせるため、

熊本地震でも損傷が無く、安全性が実証された
減震摩擦パッキン工法UFO-Eで耐震性を高めました。

窓には、外からの寒さの進入を防ぎ、作った暖かさを逃がさない、
樹脂サッシを使用ました。

アルミ製と違い、気密性も高くこの時期に心配になる結露も防ぎます。
窓で結露すると、カビの発生や建物を傷めることがあるので注意が必要です。
同じ目的の窓でも、素材の違いで、住宅性能が大きく変わります。

新築時の工事では、アルミサッシも樹脂サッシも取り付ける方法は変わりませんが、
リフォームで交換すると工事金額も新築時の何倍も費用がかかります。

断熱材は家じゅうを、現場でふくらみ、
家じゅうの隙間をうめる吹付け断熱です。
保温性の高い魔法瓶のような高気密高断熱住宅です。

愛和建設がご提案する住宅は、
じりじり上がってきている電気代の心配がなく、省エネルギーで、
社会問題にもなっているヒートショックによる家の中での事故を防ぎ、
長寿命化しているライフスタイルに合わせた、
家も人も長く、健康で安心できる家づくりです。

買う前、立てる前に、当社の体感できる完成住宅で、実感して下さい。
建築中現場では、見えなくなる部分、
暖かさはOBの御施主様宅で体感できます。

ご予約制ですが、いつでも受け付けております。
お気軽にお問い合わせしてください。

暖かい家の必要性を知ってください。比べてください、省エネ性を。

愛和建設 西村でした






もうすぐ年の瀬です!

2017年12月14日|カテゴリー「現場の声
KIMG0165-e1511248566102
愛和建設㈱ 折田です。

今年も残すところあと半月に
なりました。ただでさえ忙しい
師走が毎年毎年どんどん早く
過ぎていく様に思えます。
12月はクリスマスや忘年会、
年越準備などみなさん予定が
多く慌ただしいと思います。
そして、年末に冬休みで
待っているのが自宅の
大掃除!一年の集大成で
いつもは出来ない窓ガラスや
網戸の掃除、机等の大荷物
を移動して床や壁の掃除など
普段は非協力的な?御主人も
嫌々重い腰を上げ、来たる
来年に向け一日精を
出さなければなりません!

年末の大掃除で家のキズや
不具合を見つけられ、
「年内中に直せるか」と
相談されるお客様も
いらっしゃいますが、
さすがにメーカーや
材料屋さん、職人さんも
正月は休みますので
よほどの急用でなければ
年明けにさせて頂きます
ので御了承下さい。

大掃除の時の御相談で
以前受けたのが
①掃除の為網戸を
外したが元に戻せない
②洗濯機の下を掃除
する為排水を外したが
ホースの途中が劣化して
切れてしまい水が床に
溜まる
③外壁を高圧洗浄機で
洗ったら水が浸みてきた
④どこかに付いていた
はずのビスが掃除の時に
出てきてどこにはまって
いたかわからない

などです。
御相談を電話で受けて
説明して戻せる物も
多くありますが
部品の交換や専門
業者が行かなければ
直らない相談もあり、
対応が難しい事象も
あります。

大掃除の時は、極力
普段あまりいじらない
水廻りなどを分解したり
する事は避けた方が
良いかと思います。
また、どうしても
その場所を見たい時
などは前もって当社
スタッフに御相談
されて、手順などを
聞いてから行動された
方がいいです。

なかなか難しいと
思いますし、やはり
一年に一度の大掃除
なので綺麗にして
正月を迎えたいですよね。

かくいう私も当然ながら
掃除に駆り出されるので
頑張りたいと思います!


横浜市港北区新築注文住宅基礎工事

2017年12月13日|カテゴリー「現場の声
20171129_1534301
港北区鳥山町アパート基礎工事の配筋組完了しました
20171208_113218
基礎耐圧生コン打設の様子です。

地鎮祭ついて。 柴田

2017年12月11日|カテゴリー「愛和建設の出来事
DSCF3608-e1512954067785
お家を建てる前に行われる地鎮祭。

当社でも、毎回行われますが、
地鎮祭ってなんの為にするのでしょうか
簡単にご説明

地鎮祭とは・・・
土木工事や建築などで
工事を始める前に行う、
その土地の神(氏神)を鎮め、
土地を利用させてもらうことの許しを得る
という行いです。

一般には、神を祀って工事の無事を祈る儀式と
認識されており、
安全祈願祭と呼ばれています。

DSCF3617-e1512954081500
斎主たる神職のもと、
建築業者・施主の参列の上で執り行います。

祭場の中には木の台(八脚台という)を並べ、
その中央に神籬(ひもろぎ、大榊に御幣・木綿を付けた物で、これに神を呼ぶ)
を立てて祭壇となし、酒・水・米・塩・野菜・魚等の
供え物をお供えします。

当社でも、施主様御家族初め、
現場監督、工事関係者などが参列し、
厳粛に執り行われます。 

屋根について考える

2017年12月8日|カテゴリー「現場の声
屋根について考えてみた。

古来より雨風をしのぐ遮蔽物として進化してきた、建物の一部です。
植物の葉で作るものから、陶器、鋼製、コンクリートまで、多種多様です。
一般住宅において、どれがベストなのか、それぞれの長所と短所を探ってみる。

images15
植物系

南洋の島では、ヤシの葉で造るのも良い、簡単で材料は現地調達で、何より雰囲気が出て良い。
images51
しかし、耐用年数と風に弱い。

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e1
茅葺き屋根 良いですね、最近は郊外でも、あまり見かけなくなりました。 夏、涼しく冬も涼しい。耐用年数も20年から30年ほど。 日本の原風景です ちなみに、藁葺き屋根と茅葺屋根があり、使用してる材料が違います。 わら、と かや です。
images79J810ZR
だだし、葺き替えには、かなりの費用と材料と日数がかかります。 都市部でこの屋根だと、インパクト大、だだ火に弱いです、 長く持たせるには、囲炉裏を作り煙で燻蒸させると良いらしいです。
hihada1
これは木の表皮、いわゆる皮です、主に桧、杉等で油分を含み
屋根材としても良い。高い山間の神社等に多く見られます、高所では凍結により瓦とうが割れることもあり、何より現地調達しやすいため。
東京でやってみたい!苔むす屋根、
2009080610040001
これも火に弱い、費用は見当もつきません
専門に聞いてみよう
瓦、コロニアル、鋼板屋根は次に。
屋根はTPOと予算に合わせて、居住空間は全館空調マッハシステムでパーフェクト。

体感見学会&構造見学会御来場有難うございました!

2017年12月7日|カテゴリー「マッハシステムについて
20171201141605132_0001
愛和建設㈱ 折田です。

12/3(土)・12/4(日)の
体感見学会と構造見学会に
御来場頂きまして誠に
有難う御座いました。
当日は冬晴れで天候に
恵まれまして盛況のうち
開催する事が出来ました。

構造見学会の会場としまして
快く会場を提供して頂いた
現在新築中の御施主様にも
御礼申し上げます。

今後も定期的に体感会を
予定しましてお客様の
家作りのお役に立てれば
と思っております。

次回も是非!
御期待下さい。

横浜市の注文住宅基礎工事着工

2017年12月6日|カテゴリー「現場の声
20171124_100255
横浜市港北区鳥山町で新規新築なんです住宅アパート基礎工事はじまりました
根切り工事の様子です
20171129_153438
基礎部分になる、配筋工事の様子です。
20171129_153430
今週8日にベース生コン打設の予定です

相模原市南区でマッハシステム快適空間体験会開催

2017年12月1日|カテゴリー「マッハシステムについて
20171201141605132_0001
12月3日(日)10:00から16:00まで、
マッハシステムを採用した愛和建設『エアシールハウス・ZERO』
の住宅の体感見学会を相模原市南区相南4丁目で開催します。

住み始めて約1年になりました。
1年を通じて、マッハシステムの快適さを体感しています。

マッハシステムの特許部分を使うことにより、
他の追従を許さない、本当に快適な空間を実現しています。

少ない温度差の空気を大風量で家じゅうに行き渡らせる事で、
室内の床面も、壁面も、天井面も、同じ温度になり、
これからの寒い季節でも、床暖房がなくても冷たく感じません。

家じゅうどこを歩いても冷たく感じないのが、
マッハシステムの家です。

自宅も、無垢材の床ではなく、建材メーカーのフローリングですが、
冷たさも感じず、お手入れも楽です。

IMG_6493
トイレに使用した、石目調の鏡面タイプのフローリングでも
冷たさを感じません。

トイレや洗面室やお風呂場も温度差が無く、
温度差で起こるヒートショックの予防にも非常に効果的です。

この快適な温度を作り出すのに使う機械は、
家庭用壁掛けエアコン1台です。

エアコン1台なのに家じゅうを暖められるのは、
マッハシステムの小温度差大風量空調と、
アイシネン気密断熱工法、
樹脂サッシなどの高断熱窓だから可能なのです。

高気密高断熱の家が、多く造られてきて、
『エアコン1台で・・・』と言う言葉を見かけますが、
リビングだけでなく、トイレや洗面所・玄関・床下までを
同じ温度に保つ事が出来るのがマッハシステムなのです。


20171201141013897_0001
現在建築中の、町田市のマッハシステムの家の現場にて、
マッハシステムの重要な、断熱材施工やダクト配管など、
完成したら見えなくなるマッハシステムの秘密が見れる
構造見学会を同時開催いたします。

場所は、少し離れますが、町田市金森3丁目になります。

この機会にマッハシステムを体感して、これからの家づくりに
必要なヒントを見つけてみてはいかがでしょうか。

現地でお待ちしています。
是非、お越しください。

今回、ご都合の悪い方には、個別の日時設定も可能です。
横浜・川崎にお住まいの方も、お近くのOB施主様のご自宅の
ご案内もしていますので、お気軽にご連絡ください。

愛和建設 西村でした。

町田市s様邸新築工事のマッハシステム工事

2017年12月1日|カテゴリー「現場の声
DSC_0003
小屋裏に、熱交換機を、セットしました。
TOP