地鎮祭です 大塚

DSCF3821

こんにちは大塚です。

愛和建設で勤め始めて周囲の環境を見る目が変わってきました今日この頃。
工事中の現場なんか特に目を留めてしまうようになりました。
時にはお供え? 神主さん? 何やら神妙な様子?
そう地鎮祭です。

地鎮祭(じちんさい、とこしずめのまつり)とは、土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地の守護神(鎮守神)を祀り、土地を利用させてもらうことの許しを得る。これには神式と仏式がある。一般には神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれることもある。鎮地祭、土祭り、地祭り、地祝いとも言う。(wikipediaより)

土地の守護神を祀り、土地を利用されてもらうことの許しを得る。

さすが八百万の神様が御座す国。道にも土地にも御座します。

DSCF3827


DSCF3828


DSCF3829


DSCF3830


DSCF3831


DSCF3832


DSCF3834
こちらは地鎮の一連の様子。

儀式や様式と言うのは深く根差した文化の一つ。
同時に心の拠り所とも思います。
あまり深く語っていくとスピリチュアルな話題に突っ込んでしまいそうなのでここいらで。
DSCF3840
長く住まう場所になるのですから、ご近所様は元より、

神様へのご挨拶もお忘れなく!