鎮め物 大塚

DSCF4246
タイトルが紛らわしいですが私が鎮め物なのではありません。
こんにちは大塚です。

地鎮祭の記事が出ていたので引き続き地鎮に関わる内容を続けてみます。
写真は『鎮め物』
中身は昔は宝物であったと言う意味から
『人形、盾、矛、小刀子、長刀子、鏡、水玉』の七種が入っていて、
地面の神様にお供えするという意味
だそうです。

『鎮め物』の歴史は古く、古墳時代の住居跡からも出土されることもあるそうです。
ちなみに昔は『人』だったそうです…。
DSCF4247
『鎮め物』はこのように建物の中心となる場所へ、基礎工事の際に埋めます。
会社によってタイミングは色々と異なっているようですが、
概ねコンクリートを打つ前には埋めるようです。埋められなくなりますからね、コンクリート打ったら。

住居、建物と言う物は歴史が深く広く、調べてみると色々な発見があって面白いですね。
何気なく普段過ごしている住まい。
ちょっとした事を知って、また改めて『家』と言うものが大切に感じられます。