スタッフブログ

マッハシステムにはアイシネンと言う断熱材 大塚

2021年7月31日|カテゴリー「トピック
こんにちは、大塚です。

さて今日は愛和建設と言えば『マッハシステム』と言う事で。
(マッハシステムってなに?って方はこの辺りのページご覧になっていただけるとより伝わりやすいかなと)
一言で言うと全館空調設備。なのですが、一つのエアコンで全ての部屋を一定の温度・湿度に保つと言う。
その快適さを実感して頂けましたお客様のご感想もございますが、自分のblogではまた別の視点から。
DSCF4214
DSCF6594

と言う訳でやっと写真。
こちら左が『アクリアマット』と言うグラスウール製断熱材。
右が『アイシネン』と言う吹き付け発泡断熱材。

先にちょっと話題に上げましたマッハシステムには右側の『アイシネン』を使用しています。

色々と調べてみていたのですが、断熱材自体の性能ってのはそれほど大きく差は無いみたいですね。
発泡充填の断熱材を吹き付ける事で高い断熱材の効果を得られる理由の一つとしては
『断熱材を隙間なく敷き詰められる』
と言う事が大きいようです。
『アクリアマット』も大変優秀な断熱材ですが、隙間なくと言う点では吹きつけの方が有利ですね。

そしてこの『隙間無く』と言う部分がマッハシステムには欠かせない要素の一つなのです。
・外気からフィルターを通しホコリや花粉などを取り除き、
・クリアになった空気がエアコンを通り、
・そして全ての部屋に同じ空気を行き届ける。
・部屋の空気は排気孔により常に外へ排出。
ざっくりとですが空気の動きを追ってみました。
この最中、外気の影響を極小に抑える事で室内の温度・湿度を一定に保つ事が出来るんですね。

その為の吹き付け発泡断熱材『アイシネン』
ご興味が湧いたようでしたらお気軽にご相談下さい(宣伝

鎮め物 大塚

2021年7月29日|カテゴリー「現場の声
DSCF4246
タイトルが紛らわしいですが私が鎮め物なのではありません。
こんにちは大塚です。

地鎮祭の記事が出ていたので引き続き地鎮に関わる内容を続けてみます。
写真は『鎮め物』
中身は昔は宝物であったと言う意味から
『人形、盾、矛、小刀子、長刀子、鏡、水玉』の七種が入っていて、
地面の神様にお供えするという意味
だそうです。

『鎮め物』の歴史は古く、古墳時代の住居跡からも出土されることもあるそうです。
ちなみに昔は『人』だったそうです…。
DSCF4247
『鎮め物』はこのように建物の中心となる場所へ、基礎工事の際に埋めます。
会社によってタイミングは色々と異なっているようですが、
概ねコンクリートを打つ前には埋めるようです。埋められなくなりますからね、コンクリート打ったら。

住居、建物と言う物は歴史が深く広く、調べてみると色々な発見があって面白いですね。
何気なく普段過ごしている住まい。
ちょっとした事を知って、また改めて『家』と言うものが大切に感じられます。

町田市で地鎮祭       南

2021年7月26日|カテゴリー「現場の声
5f981df13cc6a86e024a5b902159e7781
先日、町田市で地鎮祭が執り行われました。
その土地を守っている氏神様から土地を利用する許可を頂き、工事の安全、安心して暮らしていけるよう願う儀式です。

相模川の夕焼け。    柴田

2021年7月17日|カテゴリー「地域の出来事
521d12839dd0db7859dd19953b65295c-e1626509896882
とある夕方。
相模川で、きれいな夕焼けを
見れました

思わずパシャリ

突然の花火!    柴田

2021年7月17日|カテゴリー「地域の出来事
01798602d5c63cc2144905f19a775ab6
15日(木)19時過ぎ水郷田名にある、
愛和建設の目の前突然で花火が!

今年は相模川花火大会、やらないのかな…

壁ボード搬入!       南

2021年7月16日|カテゴリー「現場の声
1a09e7febd464704ae62c77d313082a8
上鶴間、3階建てワンルームアパート現場です
上棟も無事に終わり、内装工事にはいりました。

a96a34a53602e6eb29016a733b23250f
只今、壁ボードを搬入中
一枚一枚、壁ボードを抱えて階段をのぼり、丁寧に作業を進めていきます。

マスク、お安くなりました!!!       南

2021年7月16日|カテゴリー「地域の出来事
e74c3dff0a0caf61c164e4ff5bef992b
日常生活でのマスクはまだまだ必需品ですけど、だいぶお安くなりました。

100均でも買えるようになって、個別包装ではないけど、30枚入って110円。
以前は50枚、3,000円以上で売られていて、あの高値は何だったんだしょうか

オリンピック開催まで一週間になりましたね。
マスク無しの生活ができるまで、もうひと踏ん張り~

9年前、ご依頼頂きましたお客様から間仕切りリフォームのご依頼

2021年7月12日|カテゴリー「現場の声
0ed6c3631ee0b632af7dcd2218acb473
こちら9年前のお打ち合わせの様子。
難しい話は大人が進める。その間、子供たちは自由だ!
CIMG1748
現場が始まったらなんと職人さんの手伝いされていたとか…心強い足腰だ…!
031c42700224955ed9e8c8e6de7f9994
ご両親はこの9年後(お打ち合わせ時点から)の事をちゃんと考えていらっしゃったんですね。
DSCF4143
と言う事で間仕切り、だ!!

つまり大きい1部屋に仕切り(壁)を作るリフォームです。
DSCF4145-e1626069487106
大工さんが早速仕切りの骨組みを組んでいきます。
DSCF4148-e1626069620720
断熱材を詰めて、石膏ボードを張って…もう反対側は見えないですね
DSCF4151
すっかり仕切れてしまいましたね。しかしまだ壁が出来ただけ!
DSCF4154
ちゃんと壁紙も貼って仕上げないと!

お二人の大事な個室になるのですから。
DSCF4157-e1626069976984
遂に壁が
DSCF4156-e1626070020826
仕上がりましたね。

間仕切り完了です。
DSCF4158-e1626070125386
立派に大きくなりました今のお二人。
成長して、一人一人の個と向き合って、また成長して。

同じ屋根の下に暮らす家族だって一人一人の別の人間ですからね。そんな時がきっと来る。

DSCF4155
それでも表のご両親のお手入れの行き届いた立派なお庭が開けていれば、
そこでは壁も屋根も隔ても無い時間が過ごせる事でしょう。

家はこれからも全てを見届けてくれる事でしょう。
次は何が必要になるのだろうか。そんな時に立ち会える事を楽しみに出来るのも、きっとこの仕事なのかもしれない。

上棟の様子・枠組壁工法(ツーバイフォー工法)の場合

2021年7月12日|カテゴリー「現場の声
こちらは大和市某所の現場。
ツーバイフォー工法による建物の上棟の様子。
パネルと呼ばれる既に組まれた壁を組み上げていきます。
大勢の職人さん達が位置を合わせて、釘を打ち付けていく様子はまだ現場経験の少ない私には壮観でした。

洗濯機で漏電、ブレーカーが落ちました!     南

2021年7月9日|カテゴリー「施主様のこだわり・工夫
夜間に洗濯機の電源を入れた途端にブチッ
2階のブレーカーが落ちて、真っ暗に。。。
分電盤を調べたら、漏電ブレーカーが落ちて上がらない状態になっていました。
冷凍食品は大丈夫か?!こんな心配が頭をよぎりましたが
冷蔵庫は扉を開けなければなんとかなるかな~
トイレは1階を使うとして、スマホの充電器を1階に移動したり
“アレクサ”は使い物にならず、懐中電灯片手に目覚まし時計をセットしたり、アタフタ。。。
翌朝、漏電ブレーカーを上げることができて正常に戻りました。
購入して1年足らずの洗濯機(日本製、東芝です)が漏電の原因なんてまだ信じられなくて、
試しに洗濯機のスイッチをオンしたら、やはりブチッ
東芝さんに出張修理を依頼したら、原因は縦型洗濯機の洗濯層の外側に水が入り、それが電子部品を濡らして
漏電したのではという事でした。
そう言えば、手洗いした洗濯物を脱水だけやろうと、洗濯槽に入れた時に、外側に
水が入ってしまった様です。
愛和でリフォームして、快適生活も間もなく3年になりますが、初めてのブレカー落ちを経験しました。
ブレーカーは漏電をキャッチしてしっかり安全を守ってくれていたんですね

建設中の現場を覗いてみよう #4 大和東のその後

2021年7月9日|カテゴリー「現場の声
こんにちは!大塚です。

本日は『建設中の現場を覗いてみよう』第4弾!と言う事で、
#2と同じ大和東の現場になります。
この動画を撮影した日はクロス屋さんが壁紙を貼っていたタイミングでしたね。
こちらの建物も完工まであとわずかと言ったところ。
部屋も部屋らしく、物によっては設備なども設置が進んでおります。

次第に完工へ向かう現場。きっと誰かが住まう事になる部屋が形作られていく様子が、
伝わりましたら幸いです。

鉋掛け

2021年7月8日|カテゴリー「現場の声
KIMG0787
こんにちは、大塚です。

リフォームのページを更新していたのですが、その中で見つけた場面から一枚。
色々な現場を回るようになった今日この頃ですが、
未だに鉋掛けをしているところに出くわした事はありません(たまたまなのかもしれない…)

様子が残っていたのでblogで出させていただきました。
こちらはお寿司屋さんのリフォームで、鉋掛けした木はカウンターと厨房の間の台(調べてみましたが特に定まった名称は無さそうでした)でした。

是非リフォーム完了後の様子を伺ってみたいと考えながらも、回らないお寿司屋さんに入れる懐になるには……まだまだ先は長そうです

上棟風景。    柴田

2021年7月2日|カテゴリー「現場の声
3b81825b79f5b01e89f95e6390a5c120
相模原市上鶴間にて建築中の
アパートの上棟風景です。

監督は折田。

こちらのアパートは中に
鉄骨階段を設置するために
上棟時に柱を取り付けています。





9f1287ce4a545267c448461360037a4b
こうやって階段が
設置されるんですね



d1e547bf5b98b6ea0dbdd8f1b1443033
クレーンを見上げる折田。

快晴の中で少しずつ柱が
組まれていきます。

上棟時は監督もより神経を
1日中集中しての作業になります。


2021.7.2
この日も無事に
終了することが出来ました。

柱の間から日が射し、
職人たちの作業風景に
感動を覚える
柴田でした。

大和市鶴間、ワンルームアパート完成間近!     南

2021年7月2日|カテゴリー「愛和建設の出来事
2cccb8c6ff6ea18af2076a350d985d3a
大和市鶴間2丁目に3階建て12室のワンルームアパートの完成が間近です。
只今、取扱説明書を作成しています。
木製システムキッチン、IHクッキングヒーター、システムバスルーム、浴室乾燥機、温水洗浄便座、ルームエアコンなど、充実した設備です
TOP